• シミ取りの効果

アフターケア

鏡を持つ女性

レーザー治療で取り去ることができるからといって、安易にシミ予防対策を怠らない方が良いです。レーザー治療はいわば肌の中の細胞を取り去るということでもあります。このため、シミ取りのためにレーザー治療を行ったあとは、どうしてもダウンタイムというものが発生します。このダウンタイムとは、美容整形や美容皮膚科に特有のものです。肌の一部を切り取ったり、焼き切ったりすれば、その取り去った部分には炎症が生まれます。レーザー治療ではシミを優しく取り除くことができますが、それでもその治療を何度も行えば、肌の質も変化してしまうのです。このため、美容整形外科などでは、シミができないようにするアドバイスも行っています。

シミが出来ないようにするには、紫外線を浴びないようにすることが最も大事です。特に、肌のターンオーバーが遅くなっている年齢を重ねた女性は日焼け止めを塗り、目から入ってくる紫外線を予防するためにサングラスをかけるなどの対策を行いましょう。また、肝斑などは紫外線が原因ではなく、体の中で酸化が起こっていることが原因のシミです。これは範囲も非常に広くなってしまうので、シミ取りは簡単ではありません。薬でシミの生成を抑えることもできますが、予防のためには抗酸化作用のある食物をとることも手段の一つです。抗酸化作用が多い食物といえば、トマトやアボカド、コーヒーなどがあり、どれも日常的に取り入れることが可能なものばかりです。

↑ PAGE TOP