• シミ取りの効果

原因

鏡を見る女性

効果的にシミ取りをする

シミを取りたいと悩む人は実に多く存在しています。近年の化粧品は大多数が、シミを作らないようにするための成分を含んでいることからも、シミ対策は重要視されていることがわかります。赤ちゃんの時は誰もが色が変わらずなめらかな肌をしています。それが、年月が経過するにつれて色が部分的に変わってしまうのです。色が変わる現象の一つが日焼けです。日焼けでは全体的に肌が黒くなるので、多少日に焼けていても見た目が気になるということはありません。むしろヨーロッパでは、こういった小麦色の肌をしていることはとても良いことであるとされており、日光浴が習慣になっています。

シミ取りに関する最新技術

もう一つの色が変わる現象がシミ、そばかすです。シミやそばかすは日焼けのように全体的に黒くなるというわけではなく、一部分が黒くなってしまう現象です。シミのように肌の一部分が黒ずんでしまうと、見た目にも気になってきてしまいます。特に、大きな斑点のようなシミは、老班のようにも見え、実年齢よりも見た目を老けさせて見せてしまいます。このため、シミを取りたいと考える人が多いのです。日焼けは紫外線の熱戦を浴びることによって起こりますが、太陽光には紫外線も含まれているので、同時に紫外線まで浴びてしまうのです。シミ取りに勤しむ前に、シミの原因である紫外線を予防しなければならないのです。肝斑取りなどを行っている美容整形や皮膚科では、紫外線を防ぐための方法も教えてくれるので参考にすると良いでしょう。

ある日突然、鏡を見たら顔にシミが出来ていた。そんな経験のある女性も多くいます。シミができる原因は、肌に浴びた紫外線や乾燥などがあります。とくに若いうちにたくさん紫外線を浴びたり、日焼け対策を怠ったりすることで、原因を作ってしまっているようです。できてしまったシミは、なかなか取れません。美白効果のある基礎化粧品を使ったりビタミンをたっぷり摂取したとしても、期待したほどの効果を得られない場合もあります。そこで、美容外科でシミ取りをしてもらうのが、早く効果を実感できるようです。ただ、美容外科は料金が高いイメージもあるようで敬遠されがちですが、最近では低料金のシミ取りプランも多くなってきているようです。

シミ取りは、少しずつ行う方が肌への負担が少ないので、結果を焦らずに定期的に行うことが大切です。また、最近では、シミ取りの器械も進歩しています。昔からあるシミに直接レーザーを照射するレーザー治療やメラニン色素を分解してくれる光をあてる光治療など、その人の肌質やシミの状況にあわせたシミ取りの方法があります。敏感肌の人などは、美容外科で行うのがいいようです。美容外科なら、内服薬を処方してもらうことができるので、体の中から対策を行うこともできます。まずは、美容外科を受診して医師と相談することで、自分に合った方法がわかります。また、女性医師の方も増えているので、男性医師に相談することに抵抗がある場合は、女性医師の美容外科を探すのもいいようです。

↑ PAGE TOP