• シミ取りの効果

化粧品で進行を防ぐ

女性の横顔

水分を補給する

なぜシミができるのかというと、紫外線が肌の深層に届き、メラニンの抑制を刺激するからです。紫外線は人間の体にも入ってくるものなので、こうした肌の奥にある細胞までも刺激されてしまうのです。出来てしまったシミを取り除くのは非常に困難ですが、近年では発達した医療技術により取り去ることも不可能ではなくなってきました。このため、シミを取り去るために気軽に美容整形や美容皮膚科に来院するという人も増えてきています。しかし、そうはいっても綺麗に取り除くのは時間と費用がかかるため、できるだけ基礎化粧品を使った普段のスキンケアで防ぐことが重要なのです。また、紫外線以外にもシミが出来てしまう原因があります。それは新陳代謝の低下です。

シミ取りの治療法としては

本来であれば肌のターンオーバーによって肌の細胞は生まれ変わります。このため、シミができた深層の肌も、どんどん表面に押し出され、剥がれていく仕組があるのです。しかし、普段のスキンケアを怠り、不規則な生活を行っていると、この肌のターンオーバーも少なくなってしまいます。普段の生活で気をつけるべきことは、新陳代謝を下げないように食生活のバランスや睡眠に気をつけることです。基礎化粧品には化粧水などがありますが、これは肌に充分な水分を補給するための化粧品です。肌には水分がとても重要で、水分が充分に満たされていることで、肌にはりをもたらすコラーゲンの生成やその他の動きが活発になります。シミ取りにも肌の働きを活発にさせることは重要です。

シミ取りのレーザー治療における効果

シミ取りレーザー治療とは、レーザーを使用して顔におけるシミを焼き切ってしまいます。レーザーをシミのある部分に照射していくことによって、シミの元であるメラニン色素を焼き切ってしまうことが可能であり、メラニン色素だけに反応しますので、他の影響がない皮膚には影響がありません。また、治療をするにあたっては多少の痛みが伴ってくるらしいです。ただし個人差があって、全然痛みを感じなかった方もいれば、もう二度とやりたくないほどの痛みを感じる方もいらっしゃるみたいで、一般的には、輪ゴムを弾いた程度の痛みを感じてしまうのだそうです。治療法としては、1回の照射によってシミを取り除いていくのは難しいので、数回による照射をしなければなりません。

そして、シミ取りにおけるレーザー治療の進行過程としては、レーザーによる熱がメラニンを分解して、照射部分については軽い火傷状態になり、暫くしていると、かさぶたになってしまい剥がれ落ちて剥がれた直後にはピンク色の皮膚だが、徐々に周りにある皮膚と同化していきます。また、注意点としては、新しい皮膚が形成する前にかざぶたが剥がれ落ちないようにすること。そして、治療部分には紫外線を絶対に当てないこと。当ててしまうと色素沈着する可能性があります。しかし、これらを解決していくために、絆創膏を貼りますが、病院によっては貼らない場合もあるらしいです。実のところレーザー治療と言うのは、シミ取りの内容によっては向きや不向きがあるらしいです。例としては、老人性色素斑には効果はあるのですが肝斑に対しては全然と言っていいほど効果がありません。

↑ PAGE TOP